心理学が好きな犬の備忘録

臨床心理士がサブカルチャーから心理学まで好きなことを書いてゆく

学童の閉鎖的空間の中でー志布志児童クラブの件で思うこと

f:id:sinriinu:20210406134422p:plain

2021年4月1日、TwitterYoutubeで児童クラブ内で泣いている女児に対し執拗に自己紹介を強いる動画が拡散され話題となっていました。

 

news.yahoo.co.jp

鹿児島県志布志市太陽の子児童クラブ内で、在籍している高校生がその様子を隠し取りしたそうで、それを拡散したようです。

この叱責する支援員の方の言動は非常によくないものだと思いますが、果たしてこの支援員を叩いて終わる問題なのでしょうか。

私は臨床心理士の資格を持ちながら、学童保育の現場で勤務していたこともありこの件は考えさせられるものがありました。

 

学童保育・児童クラブでの支援員の人員配置の問題というものは感じていました。対して、共働き世帯の増加による学童へのニーズは高まっているということもあり、1人あたりの支援員で多くの児童を見ないといけないといけない現状があります。

このような背景の中で、学童に在籍する児童達は集団生活を送るわけですが子どもたちの中には仕方なく学童に来ている子も一定数いるのが現状です。本当は行きたくないけども、両親が仕事から帰ってくるのが遅く仕方なく学童を利用していたり、狭い敷地の中で様々な制限があり好きなこともなかなかさせてもらえない不満を募らせていたりと様々です。

 

配置される支援員の人数が少ないと、児童に怪我をさせないことなどトラブルを避けることを最優先に考えなければならない中で在籍する子どもたちにとってはさまざまな制限が強いられてしまいます。

また在籍する子どもたちの中には発達障害に起因する感覚の過敏さや苦手さに悩む児童もいて、周囲のざわざわが気になったり、みんなと同じことをすることが嫌で室外へ逃げ出してしまう児童もいます。

 

このような現場を少人数の支援員でまとめるとなると、やはり強い口調で注意し統率するということは割とどこにでもある風景なのかなと思ってしまいます。(まぁそんなことすると反発する子も出てきて悪循環なんですけどね)

集団生活の中で叱ることは大切なことでもあるのですが、タイミングを間違えるとそれは意味を持たなかったり悪影響を及ぼしてしまいます。今回の件にしても、全体の前で話すことが苦手な子だって当然居ますし、そういった苦手さは強要されるべきものではありません。ただ、学童での経験が学校生活の中で活かされ苦手なことができるようになっていくこともありますし対応の仕方次第でしょう。

 

 

こういった現場に必要なことは一人ひとりの児童への対応を丁寧に考えていくことかと思っています。一人ひとりの児童の得意さをしっかりと伸ばしていくためには苦手さとも当然向き合っていく必要があるし、その苦手さの扱いを間違えてしまうと傷つき体験を重ね続けるだけになってしまいます。それは診断の有無は関係なく、全ての子どもたちに当てはまることかと思います。

 

共働き世帯の増加は内閣府男女共同参画白書を参照しても明らかであり、学童保育へのニーズもより高まっているのではないでしょうか。学童は家庭と学校の間に位置する絶妙な空間で、子どもたちにとっても伸び伸びと生活できる場であって欲しい。一方で大人の都合で子どもたちは制限を強いられ、ある意味コントロール下に置かれるような状況を作ってしまう。そこには監視する大人の目も少なく行き過ぎた指導が明るみにならないという問題点が挙げられるでしょう。ただ待機児童を減らすため事業所数を増やすのではなく安定した雇用先として、学童保育に充てる財源の確保も今後強く訴えていく必要性があるように思います。

 

BaseBallBear『SYUUU /ドライブ』に映す自分自身ー「セルフケア」としての「今」を映す音楽

本日2021年3月24日(水)、Base BallBear『SYUUU /ドライブ」がリリースされた。

  

アルバム『C2』の「レインメーカー」を彷彿とされるギターから秋に降る雨、秋雨という曲名に納得がいく。

MVのテイストは4:3の画面にどこか懐かしさを感じる。

小出氏の「ばかやろう」が聴ける曲というだけでも「SYUUU」は魅力的だ。

ばかやろうという言葉はそれだけではぶっきらぼうだしあの小出さんが、ベボベが「ばかやろう!?」なんて思うのだけれどもその曲を通しで聞くとその言葉の意味もなんとなく分かるし、その直前の「ありがとう」が直後の「ばかやろう」を補完している。その行き場のない感情こそ、音楽に載せてこそ美しさすら感じるそんな一曲。

 

さて、「ドライブ」も素晴らしい。この曲に関するブログで小出氏にも取り上げられていた非常に面白い記事があるのでこちらにリンクを貼っておく。

rockinon.com

そう、この曲の歌詞世界では「今、この瞬間」を噛み締め味わい、「自分を受け入れる」そんな曲だ。

入浴剤の色や匂いを感じ、自分のネイルをちょっと違うものにしてみたり、普段の何気ないゴミ出しですらその瞬間に吹く風に意識を向けてみたり。

不器用な自分でも、ちょっとだけ愛せたらそれは素晴らしいことであり、この曲こそがメンタルヘルスの教科書なのではとすら思ってしまうし過言ではないだろう。

 

このCD、ジャケットは綺麗な銀紙。さて。どんな意図があるのか?と思ったら先ほど小出氏のTwitterにて自分と自分自身がテーマの作品であると語っている。

その銀色のジャケットに僕たちの世界を映し込んでこの作品は完成すると。

ほんとにやられた、なるほど!そうきたか!という顔になって再びこの曲を聴いた。

 

私たちは歌詞の世界、音楽の世界に没入しがちだ。しかし、このシングルはそれを否定するわけでもなく新しい価値観を提示してくれた。音楽を聴きながら「今、この瞬間」を味わうことができる。「SYUUU」に小出氏の「いま」の感情が音楽に乗せられ「ドライブ」に僕たちの「いま」が映し出されている。そんな感想を抱いたNew Maxi Singleは限定5000セットで

好評発売中。

 

 

そのほかの記事はこちらから

sinriinu.hatenablog.com

 

sinriinu.hatenablog.com

sinriinu.hatenablog.com

 

サブスクリプションな生活に埋もれて

 

こんにちわん、こんばんわん。心理学が好きな犬です。

 

今日はサブスクリプションサービスに関するおはなし。

 

皆さんはサブスクリプション、所謂サブスクどれだけ利用していますか?

サブスクリプションサービスといえば、定額制の利用コンテンツのことで、料金を支払うことで一定期間サービスの恩恵が受けられるビジネスモデルです。

そう言えばデュエリストの私は当時月刊遊戯王もとい月刊少年Vジャンプの定期購読をしていました。これも今っぽい横文字に当てはめるのであればサブスクというやつですね。

 

そんな私は今、サブスクといえば音楽は活用しています。

 LINE MUSICなど利用して、毎月多くの音楽をきいています。

このようなアプリ上のサブスク、いつかサービスが終了したら手元に何も残らないといった危機感のようなものも同時に抱いてしまいます。

そのため、必ず好きなアーティストを見つけてはCDを購入し手元に置くということに意識しています。まぁ仲間集めに冒険に出る勇者のような感覚でしょうか?

 

それはそれとして、別に音楽に限った話ではなく非常に多くの業種・サービスでサブスクは浸透しています。

「なんだかお得じゃない?」と思わせる工夫も多く、ついついサブスク課金し過ぎた挙句、サービスもロクに利用せず、毎月クレカからお金が逃げているなんてこと、ありませんか?

iPhoneであれば、「設定」→「Apple ID」→「サブスクリプション」で定期的に不要なサブスクを解除するのも地味に大切なポイントです。

まぁ、お金がかかるからそこは取捨選択を強いられるわけで、だからこそ弱肉強食の世界でより安くより魅力的なサービスを訴求しているわけで。

だったら、無料でお得がいいじゃないということで心理学が好きな犬 心理士レインのYoutubeチャンネルをチャンネル登録して有益な情報を共有しませんかというお話です!

 

宣伝乙!という感じなのですが、まぁやはり自分のゲンロンを主張し世の中に発信し、世の中変えようと思う気持ちは揺るがないわけです。

そんなこんなで動画も今日の時点で2本投稿しているので、今後の動画も観つつ、チャンネル登録して拡散もしてもらいつつ、何か世の中にできること一緒に考えていきませんか?

さぁ、次はあなたの番です。

【ご報告】Youtubeチャンネル開設しました!

 

こんにちわん!こんばんわん!心理学が好きな犬です!

 

なんと、本日Youtubeチャンネル開設しました。

 

 

 

このブログも多くの方に読んでもらっている現状に感謝しつつ、新しい舞台で自分の考えを発信し、社会をより良くしていきたいものです。

初回の動画内では今後の新しい活動名も発表しているので要チェックです!←

 

 

ぜひ、拡散とチャンネル登録・コメント・高評価よろしくお願いします!

 

 

 

今後もはてなブログも更新は続けていきますので、引き続き愛読・拡散よろしくお願いします!

アルバム『Ethernity』にみるドリームポップの可能性

 

我らのFor Tracy Hydeの新譜『Ethernity』が本日2021年2月17日リリースされた。

これまでのフォトハイに対する「イメージ」を良い意味で裏切り、バンドサウンドの広がりを感じる1枚だと感じた。しかしながら、その随所にフォトハイ「らしさ」は散りばめられている、そんなアルバム。

youtu.be

「Interdependence Day(Part I)」のミュージックビデオもYouTubeで公開されている。

 

 

アルバムを通してのコンセプト・一貫性を感じる1枚で、通しで聴くことによる感動も大きい。

フォトハイの煌びやかなサウンドを踏襲しつつも、アメリカンな雰囲気と豪快さを兼ねている。重厚なサウンドはじっくり聴いて楽しみたい。そして、夏bot氏のボーカル曲が多いのも特徴で「City Limits」「スロウボートのゆくえ」が個人的に好みだ。しかしながら、eurekaさんのボーカル曲もさらに洗練されたいてグランジ風の「Chewing Gum USA」はフォートレイシーハイドの新しい可能性を示す1曲として聴きながら笑みを浮かべてしまった。透き通ったeurekaさんの曲が好きな私は、「Radio Days」を聴きながら寝ようと思う。ついつい口ずさみたくなるサビの「Sister Carrie」もフォトハイの良さが詰まった1曲だ。

このアルバムを通して聴く中でキラキラとしたメロディに乗った歌詞を、音の粒一つひとつを味わいたい。

 

Ethernity

Ethernity

  • アーティスト:For Tracy Hyde
  • 発売日: 2021/02/17
  • メディア: CD
 

 

 

これまでのおすすめ記事はこちら

sinriinu.hatenablog.com

sinriinu.hatenablog.com

sinriinu.hatenablog.com

「行動」の「理由」を知るために【書評】

 

有川宏幸『教室の中の応用行動分析』(明治図書)の紹介をしたいと思います。

 

 

1.どんな人向けの本?

学校の先生やスクールカウンセラー、学校の中で「怒ってしまう」「注意してもきいてくれない」などの困りを抱えている人向けの1冊。

行動分析において「正」や「負」、「強化子」「弱化子」とわかりにくいワードが頻出します。この本ではわかりやすい例を用いながら行動分析におけるワードを解説しているため初めて応用行動分析に触れる人でも読みやすい1冊になっているかと思います。

 

 

2.この本の良いところ

学校場面で「叱る」「怒鳴る」ことは果たしてどれくらい珍しいことでしょうか。よく見受けられることかと思います。本書ではこの「怒鳴る」を分析していきます。

今、学校で起きている「行動」を俯瞰し「分析」することで今までどうしようもなかった問題があっさり解決してしまう。そんな1冊になると思います。

 

3.これからの学校に求められるもの

行動の1つひとつを客観的に分析する。それは正論らしく聞こえますが、現場の先生方は日々様々な行事や役割に追われる中、このようなことが果たしてできるでしょうか。

そういった場面でこそ、スクールカウンセラーが活躍し、また活用されていけばいいのかなと思っています。

現場の教員の様々な負担を減らしながら、子どもたちが主体的に学び先生たちが働きやすい学校が増えていくことを期待しています。

そういった環境のためにも応用行動分析の考え方が広まり実践され、子どもたちが伸び伸びと育ち先生方が疲弊せずに済む学校であってほしいです。

 

おすすめの記事はこちらから

sinriinu.hatenablog.com

 

sinriinu.hatenablog.com

話題のclubhouseについて思うこと

 

こんにちわん、こんばんわん!心理学が好きな犬です。

最近、巷で話題のclubhouseについて思うことを書いていきたいと思います。

 

1.clubhouseとは?

現在iOSで配信されているサービスで、登録には電話番号が必要で完全招待制の音声を中心としたSNSのようです。始めたくても招待されないと始められない、希少性が話題を呼んでいる印象。


その内容は自由に音声で会話ができるツイッターのようなもので、ここ数日は芸能人がclubhouse内で会話している内容がツイッター等で話題になっています。

芸能人の会話を聴くことができる、と言われたらなんだか特別感がありますよね。

芸能人の会話に紛れるか、少人数の濃いトークをするかといった形ですっかりハマっている人が続出のようです。


2.何故今、clubhouseなのか?


SNSの流行りは社会に対するニーズが反映されていると私は考えますmixiが流行りFacebookが広まりTwitterが勢力を拡大し続けながらLINEが普及してきたわけですが、なぜ今clubhouseが話題になるのでしょうか?

近いものでSkypeやyoutubeLiveなどでも他者と繋がる相互コミュニケーションは可能でした。

それでもclubhouseが今多くの人に求められているのはなぜなのか。

そこには、不特定多数との濃い繋がりというものが今の社会的情勢の中で希薄になっていることが大きく影響を与えているのではないでしょうか。

これまでの相互コミュニケーションツールにはない「他人に感じる適度な身近さ」を得られることに新鮮さと懐かしさを覚えるのではないかという視点です。

しかしながら、完全招待制という希少性を売りにしているという側面はやはり話題を呼び招待されたいがためにTwitter等で話題にする中で広まりつつある部分も大きく感じます。


今後も流行っていくことが予想されますが、会話があまり得意でない人にとっては苦痛なツールであることは明らかですが聴き専に徹することもできるので楽しみ方は自由なのかなと思います。



私ですか?


隠キャコミュ症なのでclubhouseはできません!

(それは招待されない負け犬の遠吠えなのではないでしょうか。)


ミッキーマウス クラブハウス/かぞえてみよう [DVD]